本文へスキップ

リノベーションのデメリット

リノベーションのデメリット

リノベーションのデメリット

リノベーションのデメリット


リノベーションのデメリットの前に少しだけメリットについて触れておきます。

リノベーションにはメリットが沢山あります。

たとえば、良い立地条件のマンションが安く買えるし、しかも、リノベーションにより内装はもとより、キッチンや風呂場などの装備や間取りをカスタマイズして全く新しいものになっています。

中古マンションは、新築マンションと比較して安く購入できることが最大のメリットです。

実際にリノベーションしたマンションを内覧してみると、新築とほとんど同じなので、メリットしか見えなくなります。

しかし、ここで立ち止まって考えて見ましょう。

リノベーションにはデメリットはないのか、ということです。

あります。

考えられるデメリットには、新築よりも価格が高くなるケースもあるかもしれないということです。

リノベーションは、室内をくりぬいてしまいます。むき出しのコンクリートの状態までもどし、中身を作りなおしてしまう工事です。

とすれば、マンションの中に設置する設備やクロス、床などいくらでもグレードの高いものを入れることができるということ。

ヘタすると新築以上の価格になってしまうこともあるはずなのです。

逆に言えば、一般的な新築マンションよりもグレード高い良い部屋がきる、ということですが、費用が高くなります。良い設備を見てしまうと歯止めが効かなくなる、という人の場合は気をつけた方が良いでしょう。

もうひとつのデメリットは、中古マンションである以上、建物自体はそれなりに老朽化していますので、エントランスやベランダなどの共用部分は古いままとなってしまうことです。

また、キッチンや風呂場などの水回り装備を新しいましても、配管は古いままとなっていることがあります。せっかく新しくしたキッチンや風呂場から配管が腐食して水漏れすることもあるかもしれません。

特に、マンション業者自身でリノベーションを行ったものは、工事費用を安く抑えるために水回りの配管の取り換えを行わないことがありますので注意が必要となります。


→ リフォーム一括見積もり